ママの居場所

By もぐもぐ Posted in 住宅 / コメントは受け付けていません。

家事や育児、それに加え外で仕事を抱えているママはたくさんいます。そんなママが自宅で過ごす時間は、ホッと安らげて自分の時間を大切にできる空間があると嬉しいものです。そこで最近ではママの居場所となるママスペースを設ける家庭が増えてきました。ママスペースはホッと一人の時間を過ごすだけではないのです。

ママにとって立って行う家事ばかりではないのです。デスクワークすることも多いのです。家計簿を付けたり、子どものスケジュールを管理したり、裁縫をしたり・・・このような場合にデスクワークを集中して行えるスペースとしても役立つのです。私は家事や育児の合間にパソコンを使って仕事をしています。マイホームに求めたことの一つが、パソコンを集中して行えるスペースです。ワークスペースを設けることで、パソコンも集中して行えます。

このワークスペースが設けられる場所は、家事の中心となるキッチンの近くということが多いです。ママにとって一日の大半を過ごす場所でもあるキッチンからより近い部分に、ワークスペースを設けることで、家事の合間のちょっとした時間に利用しやすくなるのです。

我が家のワークスペースは、横幅も確保しました。広々としたワークスペースは資料を広げてパソコンの仕事をしたり、裁縫道具を広げられるので作業もしやすくなっています。カウンターの下にはオープン棚を設けて、パソコン関連用品を収納したり、裁縫道具などここで使用するものをきちんと管理できています。一日慌ただしく過ごすママに、しっかり自分の居場所となるワークスペースを設けほしいと思います。

リビングにスキップフロア

By もぐもぐ Posted in 住宅 / コメントは受け付けていません。

家族が長時間共に過ごすリビング。このリビングをより落ち着けてくつろげる空間にしたいものです。しかしリビングでは家族がいろいろなことをして過ごします。テレビを見る人もいれば、おもちゃで遊ぶ子どもがいたり、その脇で洗濯物をたたんだり、アイロンがけをしたり家事をするママもいます。いろいろなことをすることで、リビングには物が散らかりやすくなってしまいますし、くつろぐはずの空間がゆっくりとくつろげないと感じることもあるかもしれません。

そこでこの問題を解消するのにリビングにスキップフロアを設けるのは有効なのです。リビングはくつろぐスペースで、スキップフロアは作業スペースとして利用するのです。スキップフロアを子ども達の遊ぶスペースとして利用すれば、リビングにおもちゃが散らかるのを避けられますし、くつろぐスペースと遊ぶスペースとしっかりメリハリを付けることができます。同じリビング内なので互いの存在は身近に感じながらも、それぞれの時間を満喫することもできるのでいいのではないでしょうか。

リビングとスキップフロアの境は、腰壁やアイアンの手すりで緩やかに区切っておくことで、互いの空間に圧迫感を与えることもありませんし、開放感さえ得られます。子ども達が成長すれば、ここをスタディコーナーとして利用させることもできます。リビング学習は子どもの学力を向上するとも言われているだけに、より集中して勉強が行えるようにスペースを設けておくといいのです。子どもが使用しない時間には、大人が家事スペースとして利用したり、パソコンスペースとして利用させるのもいいでしょう。空間にメリハリをつけながら、生活にもメリハリをつけたいものです。

壁厚を利用しよう

By もぐもぐ Posted in 住宅 / コメントは受け付けていません。

壁の厚みを利用して、飾り棚を設けたり、収納スペースを確保するニッチが最近住宅に多く取り入れられています。ニッチの最大の魅力は、壁の厚みを利用するため空間に全く圧迫感を与えないことではないでしょうか。そのため広さに限りのあるスペースでも十分設けることができるのです。

例えば、廊下や階段など何もないと殺風景な印象になってしまいますが、壁の厚みを利用して飾り棚のニッチでも設け、雑貨を飾れば華やかさがプラスされます。壁に飾り棚を取り付けると歩く時に肩に当たり邪魔に感じたり、通行の妨げにさえ感じられることもあるかもしれません。ニッチであればそのような心配なく空間をパッと明るくオシャレにしてくれるのです。またトイレなど広さに限りのある空間でもトイレットペーパーやサニタリー用品など収納しておきたいものは意外と多いです。これらを収納するのにニッチを取り入れれば、空間に圧迫感を与えることなく、必要な物が取り揃えられるのです。

ニッチは、柱や筋交の影響で設ける場所やサイズが限られることもあるのですが、壁の厚みを無駄にせず有効的に活用させることで住宅の印象も大きく変わってくるのです。我が家にもニッチを設けました。一番気に入っているのが、LDKのアクセントとなるリモコンニッチ兼飾り棚です。リビングには設置する物が多いです。照明スイッチや給湯スイッチ、インターホンモニターに太陽光モニターなどこれらをニッチ内に収めることでごちゃごちゃした印象を払拭できます。その上部と下部には飾り棚のニッチがあるためインテリア性も高められているのです。壁厚を利用して機能的でオシャレな空間造りをしましょう。

土地

By もぐもぐ Posted in 住宅 / コメントは受け付けていません。

我が家は新築住宅を購入しようと思い土地探しをしている最中です。気に入った土地が見つかればすぐにでも家を建てたいと考えているのですが、なかなかいい土地が見つかりません。土地を探す際には優先順位を決めることで地域を絞れて土地を探しやすくなります。優先順位を決めることが何よりも大事なのですが、先日いいなと思った土地が建築条件付きの土地と言われました。

この建築条件付きの土地とはあらかじめ施工会社が指定されている宅地のことです。土地の売主か売主が指定する施工会社に建築を依頼することが条件なので土地だけを買うのとは違います。土地の購入と住宅の建築を一緒に取引するのです。一見いいような気もするのですが注意しなければいけない点もあるのです。多くの場合は注文住宅と同様に自由に自分の理想の家を建てることができるのですが、指定された施工会社によっては手掛けている工法が限られており自由に選べない場合もあると言います。

土地の売買契約が成立した後、一定期間内に設計プランを固めなくてはいけないのです。施工会社と建築条件が成立せずに土地の契約そのものが白紙になるということもあるようです。土地を一度購入すれば気に入らないから別の土地を買うということができない買い物なので慎重に選ぶ必要があります。施工主がどのような住宅を建てるのか、また自分達の理想とする家をその施工主が実現してくれそうなのかをしっかりと見極める必要があるでしょう。土地選びは慎重に、そして決断力を持って行わなければなりません。

家事室

By もぐもぐ Posted in 住宅 / コメントは受け付けていません。

家事を行う主婦にとって憧れる空間は家事を集中して行える空間ではないでしょうか。最近間取りの中に家事室を設ける人も増えてきました。それだけ女性目線で建てられる家が増えてきたのだと思います。家事室は洗面室と共用して広々空間を確保し洗面室兼家事室というスタイルにする人もいれば、洗面室の隣に家事室を設ける人もいます。どちらのスタイルにしても洗面室との一体感は非常に大事なのです。

この家事室に欠かせないのは室内用洗濯物干し場を設けることです。屋外に洗濯物を干せないという時も意外と多いです。梅雨時期や花粉の飛散時、また大気汚染が多く飛散する時に屋外に洗濯物を干すのに抵抗を感じます。このような時でも洗濯物をきちんと干せる環境を整えておくことで家事への負担も軽減されます。

そしてこの家事室にカウンターを設けることで、アイロンがけをする際に便利な台になります。また裁縫をする時にもカウンターがあると便利でしょう。それだけでなく家計簿をつけたり、家事の合間に休憩する場所としても重宝すると思います。家事室はママの最高の居場所にもなるのです。そして広さに余裕があれば収納スペースも充実させておくと便利です。家族の衣類をこの空間で一か所で管理できるクローゼットがあればたたんだ洗濯物をその場でしまうことができます。

家族みんなの衣類をここで管理できることで各クローゼットに服をしまうという作業が簡略化されます。家事室で洗濯物を干せ、それをたたみ、しまうという一連の家事を一か所で行えるのは家事効率を高め主婦が満足する家になると思います。それだけに家事室に憧れる人は多いでしょう。

後回しになりがちな外構

By もぐもぐ Posted in 住宅 / コメントは受け付けていません。

外構工事は新築住宅を建てた際、一番最後に行われる工事です。私の周りの新築住宅を購入した友人の中には、住宅自体に予算をつぎ込んでしまい、外構工事まで予算が回らなかったという人もいます。しかし立派な住宅が完成しても、周りの外構工事がきちんと施されていないと住宅の完成度は下がってしまいますし、まとまりが失われてしまうのです。
住宅をより際立たせるためにも、住宅全体の統一感を高めるためにもしっかりと外構工事を行う必要があります。

特に玄関の門周りは、門柱やポスト、表札、インターホンなど機能が詰まった場所です。使いやすさに配慮すると同時に安全性の確保もしっかりと行う必要があります。使いやすさを考える時には、毎日のことがストレスなく行えるようにするということが大事です。例えば、カーポートから玄関までの動線を短く、そして雨の日でも濡れることなく移動ができると便利さが高まります。

またアプローチ部分は中途半端な段差がないようにしておくことでつまづかず、スムーズに行き来ができます。門柱の幅は、大きな荷物や自転車と通ってもぶつからず行き来が円滑に行えるようにしておくといいのです。また、ポストは雨でも濡れずに郵便物を取り出せるか、また取り出しやすい高さであるかということに配慮しましょう。

インターホンはしっかり来客者が写る位置に設置しているかということに気をつけましょう。外構は防犯性にも配慮する必要があります。カーポートや勝手口には人感センサーライトを設置したり、できるだけ死角を作らないようにすることも大事です。住宅だけでなく外構工事までが家造りという考えで進めるといいと思います。

子ども部屋にロフト

By もぐもぐ Posted in 住宅 / コメントは受け付けていません。

子どもにとって住宅の中で大事な空間は子ども部屋です。子ども部屋は子どもの成長と共に求められる空間のあり方が変わってきます。我が家の子ども達は4歳と2歳でまだ小さいです。最初からそれぞれに個室を設けていても利用する機会はほとんどありません。そこで子ども部屋を二つの個室にするのではなく、広々ワンルームの子ども部屋にしました。

そして将来的にはこのワンルームを二つの空間に区切れるように、あらかじめ出入りするドアや窓、照明やコンセント、クローゼットなど二部屋分用意しました。このようにしておけば、まだ小さい間は、のびのびと走り回れる子ども部屋としてたくさん遊べる空間が広がります。小学生頃になると共に遊び、共に勉強し、共に寝る空間が広がります。そして中学生頃になるとそれぞれの個室を必要とします。個室になった時に圧迫感を感じないように勾配天井の子ども部屋にしました。

天井が高いことで個室になった時でも狭さや窮屈さは感じないのです。またこの勾配天井を活かしてロフト収納を設けたのです。子どもの成長と共に物も増えていきます。しかし成長と共に空間は狭くなってしまいます。この問題を解決するためにロフトを設けたのです。捨てたくても捨てられない物などを収納しておくスペースとしてロフトは最適です。成長と共に増えていくものをしっかりと整理できるようにしておくことで、居住スペースに物が散らかりにくく過ごしやすい空間が広がるのです。

屋根裏というデッドスペースを利用してロフトを設けた子ども部屋は子どもにとって過ごしやすい空間が広がることでしょう。現在は隠れ家的なこの空間が絶好の遊び場となっています。

カップボード

By もぐもぐ Posted in 住宅 / コメントは受け付けていません。

食器やキッチン家電を収納するためにカップボードの存在は欠かせません。このカップボードがキッチンのデザインを左右すると言っても過言ではありません。そこで我が家はこのカップボードを空間にピッタリのサイズに造り付けてもらいました。天井近くにまで広がるカップボードは扉三枚分の広さがあります。収納力抜群なので、別のスペースにパントリーを設ける必要がなくなりました。

またここに収納したものをスライド式のすりガラスの扉で全て隠すことができるのです。キッチン家電や食材などが目に入ると一気にキッチンが生活感を感じさせる空間になってしまうのですが、これらを全て扉で隠せることで生活感を感じさせないスッキリとしたキッチンに仕上げることができるのです。

扉三枚のカップボードのまず一面は、パントリーとして食材やキッチンアイテムを収納しています。30キロのお米袋もスッポリ収まるのでキッチンスペースを有効的に使用できています。隣の一面は食器類です。普段使いするものからお客様用まで並べており、お弁当箱やタッパなどまでここに収納しているので、必要な物をサッと取り出しやすく、お皿選びもしやすいのです。ゆったりなおしてもまだ余裕があるので、お気に入りのお皿を買い足してもしっかりと収納できます。そして最後の一面にはキッチン家電とゴミ箱を収納しています。電子レンジや炊飯器など普段使いする家電は中段部分に、ホットプレートやたこ焼き器、フードプロセッサーやミキサーなど使用頻度の低いキッチン家電もここに収納しています。下部にはゴミ箱を収めています。

キッチンを振り返れば必要な物が一か所で管理されているので家事効率は高まりますし、扉で隠せることでスッキリとしたキッチンに仕上げられます。このカップボードのおかげでキッチンの居心地がよくなりました。

中二階スペース

By もぐもぐ Posted in 住宅 / コメントは受け付けていません。

一階と二階を繋ぐ階段途中を利用して中二階スペースを設けてみるのはいかがでしょうか。我が家は家を建てることを決め、モデルハウスや完成住宅会に参加してきてたくさんの住宅を目にしてきました。その中で我が家にもぜひ取り入れたいなと思ったのがこの中二階スペースです。一階から中二階スペースが目に入るように、そして中二階スペースからは一階が見渡せるようにしておくのがポイントです。このようにしておくことで、小さい子どもが利用しても、大人が利用してもしっかりと視線が届くことで安心してそれぞれの時間を過ごせるようになるからです。

キッチンで家事をしながら、中二階スペースで遊ぶ子どもの様子に目が届くと安心できます。また子どもも一階に居る家族に目が行き届くことで安心して遊びに集中できるのです。一階との繋がりを感じることができながら、中二階スペースで過ごす時間は個室のような感覚が得られることで特別な空間という印象も高まります。

子どもが使用しない時は、大人が利用してもいいのです。一階にいる子ども達の様子を見ながら洗濯物をたたんだり、アイロンがけをした家事をするスペースとして利用するのです。子ども達に邪魔されることなく家事を行えることで家事の効率も高まります。また子ども達が成長すると二階で過ごす時間も長くなります。二階にいる子ども達の気配を身近に感じるにはこの中二階スペースは最適です。互いの存在を身近に感じられることで家族の繋がりを感じることができます。一階と二階を繋いでくれる特別な空間を設けてみるのもいいのではないでしょうか。

キッチンスタイル

By もぐもぐ Posted in 住宅 / コメントは受け付けていません。

住宅のテイストが多様化している現在、キッチンスタイルも多様化しています。今までは壁付けタイプのキッチンが主流でした。家事をする母親の姿はいつも背中で、話したいことがあってもなかなか会話をすることができませんでした。

しかし最近では対面式キッチンが主流となっています。対面式のキッチンは、家事をしながらテレビを見たり、目の前で食事をする家族と顔を合わせて会話をすることもできます。そして最近の一番人気のスタイルは対面式のフルオープンキッチンです。フルオープンキッチンにすることで、ダイニングやリビングとの繋がりをより感じられLDKの一体感を高められるのです。

従来では吊り戸棚は当たり前のように設けられていましたが、この吊り戸棚がないことでスッキリと開放感のある空間が広がるのです。キッチンスペースに広さがあれば、L型やアイランド型のキッチンもいいと思います。

今ではキッチンが中心の家が増えてきました。このようにキッチンのスタイルをしっかり考慮することで、家事をする時間がより楽しく、家事をしながらも家族と過ごす時間を大切にできるようになるのです。我が家のキッチンは対面式のオープンキッチンです。しかしキッチンの前に腰壁を設けて、手元部分をしっかり隠せるようにしました。このようにすることでリビングやダイニングにいる家族との繋がりを感じながらも、しっかり手元部分を隠せるので散らかっているキッチンをダイニングやリビングから見えないようになっています。キッチンは家事を行う女性にとっては重要な空間だけに、自分に合ったキッチンスタイルを取り入れましょう。