家事室

By もぐもぐ Posted in 住宅 / コメントは受け付けていません。

家事を行う主婦にとって憧れる空間は家事を集中して行える空間ではないでしょうか。最近間取りの中に家事室を設ける人も増えてきました。それだけ女性目線で建てられる家が増えてきたのだと思います。家事室は洗面室と共用して広々空間を確保し洗面室兼家事室というスタイルにする人もいれば、洗面室の隣に家事室を設ける人もいます。どちらのスタイルにしても洗面室との一体感は非常に大事なのです。

この家事室に欠かせないのは室内用洗濯物干し場を設けることです。屋外に洗濯物を干せないという時も意外と多いです。梅雨時期や花粉の飛散時、また大気汚染が多く飛散する時に屋外に洗濯物を干すのに抵抗を感じます。このような時でも洗濯物をきちんと干せる環境を整えておくことで家事への負担も軽減されます。

そしてこの家事室にカウンターを設けることで、アイロンがけをする際に便利な台になります。また裁縫をする時にもカウンターがあると便利でしょう。それだけでなく家計簿をつけたり、家事の合間に休憩する場所としても重宝すると思います。家事室はママの最高の居場所にもなるのです。そして広さに余裕があれば収納スペースも充実させておくと便利です。家族の衣類をこの空間で一か所で管理できるクローゼットがあればたたんだ洗濯物をその場でしまうことができます。

家族みんなの衣類をここで管理できることで各クローゼットに服をしまうという作業が簡略化されます。家事室で洗濯物を干せ、それをたたみ、しまうという一連の家事を一か所で行えるのは家事効率を高め主婦が満足する家になると思います。それだけに家事室に憧れる人は多いでしょう。

後回しになりがちな外構

By もぐもぐ Posted in 住宅 / コメントは受け付けていません。

外構工事は新築住宅を建てた際、一番最後に行われる工事です。私の周りの新築住宅を購入した友人の中には、住宅自体に予算をつぎ込んでしまい、外構工事まで予算が回らなかったという人もいます。しかし立派な住宅が完成しても、周りの外構工事がきちんと施されていないと住宅の完成度は下がってしまいますし、まとまりが失われてしまうのです。
住宅をより際立たせるためにも、住宅全体の統一感を高めるためにもしっかりと外構工事を行う必要があります。

特に玄関の門周りは、門柱やポスト、表札、インターホンなど機能が詰まった場所です。使いやすさに配慮すると同時に安全性の確保もしっかりと行う必要があります。使いやすさを考える時には、毎日のことがストレスなく行えるようにするということが大事です。例えば、カーポートから玄関までの動線を短く、そして雨の日でも濡れることなく移動ができると便利さが高まります。

またアプローチ部分は中途半端な段差がないようにしておくことでつまづかず、スムーズに行き来ができます。門柱の幅は、大きな荷物や自転車と通ってもぶつからず行き来が円滑に行えるようにしておくといいのです。また、ポストは雨でも濡れずに郵便物を取り出せるか、また取り出しやすい高さであるかということに配慮しましょう。

インターホンはしっかり来客者が写る位置に設置しているかということに気をつけましょう。外構は防犯性にも配慮する必要があります。カーポートや勝手口には人感センサーライトを設置したり、できるだけ死角を作らないようにすることも大事です。住宅だけでなく外構工事までが家造りという考えで進めるといいと思います。

子ども部屋にロフト

By もぐもぐ Posted in 住宅 / コメントは受け付けていません。

子どもにとって住宅の中で大事な空間は子ども部屋です。子ども部屋は子どもの成長と共に求められる空間のあり方が変わってきます。我が家の子ども達は4歳と2歳でまだ小さいです。最初からそれぞれに個室を設けていても利用する機会はほとんどありません。そこで子ども部屋を二つの個室にするのではなく、広々ワンルームの子ども部屋にしました。

そして将来的にはこのワンルームを二つの空間に区切れるように、あらかじめ出入りするドアや窓、照明やコンセント、クローゼットなど二部屋分用意しました。このようにしておけば、まだ小さい間は、のびのびと走り回れる子ども部屋としてたくさん遊べる空間が広がります。小学生頃になると共に遊び、共に勉強し、共に寝る空間が広がります。そして中学生頃になるとそれぞれの個室を必要とします。個室になった時に圧迫感を感じないように勾配天井の子ども部屋にしました。

天井が高いことで個室になった時でも狭さや窮屈さは感じないのです。またこの勾配天井を活かしてロフト収納を設けたのです。子どもの成長と共に物も増えていきます。しかし成長と共に空間は狭くなってしまいます。この問題を解決するためにロフトを設けたのです。捨てたくても捨てられない物などを収納しておくスペースとしてロフトは最適です。成長と共に増えていくものをしっかりと整理できるようにしておくことで、居住スペースに物が散らかりにくく過ごしやすい空間が広がるのです。

屋根裏というデッドスペースを利用してロフトを設けた子ども部屋は子どもにとって過ごしやすい空間が広がることでしょう。現在は隠れ家的なこの空間が絶好の遊び場となっています。

カップボード

By もぐもぐ Posted in 住宅 / コメントは受け付けていません。

食器やキッチン家電を収納するためにカップボードの存在は欠かせません。このカップボードがキッチンのデザインを左右すると言っても過言ではありません。そこで我が家はこのカップボードを空間にピッタリのサイズに造り付けてもらいました。天井近くにまで広がるカップボードは扉三枚分の広さがあります。収納力抜群なので、別のスペースにパントリーを設ける必要がなくなりました。

またここに収納したものをスライド式のすりガラスの扉で全て隠すことができるのです。キッチン家電や食材などが目に入ると一気にキッチンが生活感を感じさせる空間になってしまうのですが、これらを全て扉で隠せることで生活感を感じさせないスッキリとしたキッチンに仕上げることができるのです。

扉三枚のカップボードのまず一面は、パントリーとして食材やキッチンアイテムを収納しています。30キロのお米袋もスッポリ収まるのでキッチンスペースを有効的に使用できています。隣の一面は食器類です。普段使いするものからお客様用まで並べており、お弁当箱やタッパなどまでここに収納しているので、必要な物をサッと取り出しやすく、お皿選びもしやすいのです。ゆったりなおしてもまだ余裕があるので、お気に入りのお皿を買い足してもしっかりと収納できます。そして最後の一面にはキッチン家電とゴミ箱を収納しています。電子レンジや炊飯器など普段使いする家電は中段部分に、ホットプレートやたこ焼き器、フードプロセッサーやミキサーなど使用頻度の低いキッチン家電もここに収納しています。下部にはゴミ箱を収めています。

キッチンを振り返れば必要な物が一か所で管理されているので家事効率は高まりますし、扉で隠せることでスッキリとしたキッチンに仕上げられます。このカップボードのおかげでキッチンの居心地がよくなりました。

中二階スペース

By もぐもぐ Posted in 住宅 / コメントは受け付けていません。

一階と二階を繋ぐ階段途中を利用して中二階スペースを設けてみるのはいかがでしょうか。我が家は家を建てることを決め、モデルハウスや完成住宅会に参加してきてたくさんの住宅を目にしてきました。その中で我が家にもぜひ取り入れたいなと思ったのがこの中二階スペースです。一階から中二階スペースが目に入るように、そして中二階スペースからは一階が見渡せるようにしておくのがポイントです。このようにしておくことで、小さい子どもが利用しても、大人が利用してもしっかりと視線が届くことで安心してそれぞれの時間を過ごせるようになるからです。

キッチンで家事をしながら、中二階スペースで遊ぶ子どもの様子に目が届くと安心できます。また子どもも一階に居る家族に目が行き届くことで安心して遊びに集中できるのです。一階との繋がりを感じることができながら、中二階スペースで過ごす時間は個室のような感覚が得られることで特別な空間という印象も高まります。

子どもが使用しない時は、大人が利用してもいいのです。一階にいる子ども達の様子を見ながら洗濯物をたたんだり、アイロンがけをした家事をするスペースとして利用するのです。子ども達に邪魔されることなく家事を行えることで家事の効率も高まります。また子ども達が成長すると二階で過ごす時間も長くなります。二階にいる子ども達の気配を身近に感じるにはこの中二階スペースは最適です。互いの存在を身近に感じられることで家族の繋がりを感じることができます。一階と二階を繋いでくれる特別な空間を設けてみるのもいいのではないでしょうか。

キッチンスタイル

By もぐもぐ Posted in 住宅 / コメントは受け付けていません。

住宅のテイストが多様化している現在、キッチンスタイルも多様化しています。今までは壁付けタイプのキッチンが主流でした。家事をする母親の姿はいつも背中で、話したいことがあってもなかなか会話をすることができませんでした。

しかし最近では対面式キッチンが主流となっています。対面式のキッチンは、家事をしながらテレビを見たり、目の前で食事をする家族と顔を合わせて会話をすることもできます。そして最近の一番人気のスタイルは対面式のフルオープンキッチンです。フルオープンキッチンにすることで、ダイニングやリビングとの繋がりをより感じられLDKの一体感を高められるのです。

従来では吊り戸棚は当たり前のように設けられていましたが、この吊り戸棚がないことでスッキリと開放感のある空間が広がるのです。キッチンスペースに広さがあれば、L型やアイランド型のキッチンもいいと思います。

今ではキッチンが中心の家が増えてきました。このようにキッチンのスタイルをしっかり考慮することで、家事をする時間がより楽しく、家事をしながらも家族と過ごす時間を大切にできるようになるのです。我が家のキッチンは対面式のオープンキッチンです。しかしキッチンの前に腰壁を設けて、手元部分をしっかり隠せるようにしました。このようにすることでリビングやダイニングにいる家族との繋がりを感じながらも、しっかり手元部分を隠せるので散らかっているキッチンをダイニングやリビングから見えないようになっています。キッチンは家事を行う女性にとっては重要な空間だけに、自分に合ったキッチンスタイルを取り入れましょう。

インナーガレージ

By もぐもぐ Posted in 住宅 / コメントは受け付けていません。

我々の暮らしの中で欠かすことのできない車。この車を安全に管理することも住宅には求められると思います。車上荒らしなど物騒な事件は後を絶ちません。また炎天下の中、カーポートもなく車を駐車しておくと劣化が進みますし、雨や風、ホコリなどにより車に小さなキズがつくこともあります。これらから車を守るにはインナーガレージが一番いいと思います。

インナーガレージであれば強い日差しをしっかりシャットアウトしてくれますし、雨や風、ホコリなどからも車を守れます。車上荒らしにあう確率も下げられるのです。またインナーガレージは車の安全性を確立できるだけでなく、そこで暮らす人の暮らしやすさにも繋げることができるのです。インナーガレージと室内を結ぶことで、天候に左右されることなく車の乗り降り、そして室内への出入りが行えるのです。ここには車だけでなく自転車もしまえる広さを確保しておくことで、大人から子どもまで乗り物から住宅へとスムーズな動線を得られるのです。

我が家にはまだ小さな子どもがいます。その子と買い物に行くと、いつも帰宅時は両手がふさがってしまいます。このような時でもインナーガレージであれば荷物の搬入もしやすく、子どもが車で寝てもスムーズに室内に入ることができるのです。ガレージとシューズクロークを繋ぎそして室内へ出入りできるようにしておけば、家族の靴をきちんと管理することもできます。車のない生活は考えられない現在、住宅造りにはきちんと車を保管できる駐車スペースを設ける必要がありそうですね。

リビング階段

By もぐもぐ Posted in 住宅 / コメントは受け付けていません。

私の周りには家を購入した人が増えてきました。我が家も結婚をし、子どもが生まれ落ち着いてきたのでそろそろ住宅を購入しようと考えています。その住宅でリビング階段を取り入れるかどうか迷っています。住宅を建てた友人達にリビング階段について聞いてみても賛否両論あり、益々迷っています。

リビング階段のいいところは、家族がリビングで顔を合わせる機会を大事にできることです。子ども達が小さい間はリビングで家族みんなで過ごすのが当たり前のことですが、子どもが中学生頃になると自分の部屋で一人で過ごす時間が増えてきます。このような時でもリビング階段にしておくことで、帰宅してリビングで家族がきちんと顔を合わせて、そして二階の自分の部屋へ行きます。リビングで顔を合わせることでコミュニケーションも取りやすくなります。

家族の繋がりを感じることができるのですが、その反面、二階からの冷気が階段を伝って一階のリビングに流れ込むという心配もあります。実際に友人宅はリビング階段から冷気の流れ込みが気になりロールスクリーンを設置したのです。暖房を入れていてもリビングの足元がいつもひんやりすることで、体が冷え体調を崩しやすくなるのです。またリビングに来客中、関係のない家族とお客様がリビングで顔を合わせるので互いに気を遣うというデメリットもあります。リビング階段にすることでメリット・デメリットがあるので、自分のライフスタイルを考えてみて適した位置に階段を設置したいと思っています。

よりよい収納

By もぐもぐ Posted in 住宅 / コメントは受け付けていません。

日本は国土が狭く、住むのに適した土地も限られていますから、生活に便利な市街地では、どうしても購入する土地が狭くなってしまいます。さらに、日本には四季があり、そのために、それぞれの季節ごとに衣服も調度品も食器も必要となりますから、荷物が多くなってしまいます。住まいをすっきりと片付けるためには、どうしても、それ相応の容量の収納が必要になってきます。収納というのは、単に納めるということではありません。よりよい収納というのは、片付けやすく、出して使いやすいことが大切です。

私の友人が住まいを新築した時、長男が4才で、長女が2才で、第3子を妊娠中でした。今はまだ、子ども達が小さいので、そんなに問題はないのですが、子ども達が成長していくにつれ、さすがに手狭になります。兄妹の性別が違うと、どうしても、荷物が2倍になってしまいます。最初は、居住スペースをできるだけ広く使うことができるように、小屋裏に大容量の収納スペースをつくることにしました。しかし、荷物の中には、住まいの中で一番高い場所にある小屋裏に収納すると、不便なものもたくさんあります。住まいの中に入れたくないものや外で使うので、汚れているものなど、ベビーカーや買い物用のカートゴルフバックなどは、玄関近くに置いておきたいものです。

そこで、そんなに広くはないのですが、玄関土間の隣に、シューズインクロークと納戸を作りました。納戸の床には、玄関土間と同じタイルを張りましたので、土足のまま、入ることができます。先年、彼女が住む町を地震が襲いました。住まい自体には被害はなかったのですが、物が落ちたり、家具が倒れたりしました。避難する時、家族の非常持ち出し袋を玄関脇の納戸の壁に掛けていましたので、迅速に避難することができました。他に、鯉幟やキャンプ用のテントや寝袋なども収納していますので、キャンプへ行く準備も簡単にできます。

ガーデンルーム

By もぐもぐ Posted in 住宅 / コメントは受け付けていません。

室内でもなく室外でもない特別な空間を住宅に取り入れることで、家で過ごす時間がより充実したものになることでしょう。リビングの先にガーデンルームを設けるのです。ここをリビングの延長として過ごすことができます。
天井には日差しや雨を遮るようにクリアな屋根を設けます。サイドや全面部分のパネルは天候に合わせて自由にアレンジして開閉できるようにすることもできるのです。心地よい風を肌で感じたり、温かい日差しを浴び、庭の景観を楽しみながら鳥のさえずりを聞く時間は、自然と隣り合わせで快適で暮しを豊かにしてくれること間違いありません。

ここにもテーブルやソファを置き、室内のリビングでは得られない開放感を感じてみるのもいいと思います。天候のいい時期はここで食事をするのもいいと思います。また庭でバーベキューをする時もこのようなガーデンルームがあると、ゆっくりと食事を楽しむことができ、楽しい時間を過ごせることでしょう。

室内の延長としてアウトドアリビングを楽しめる家は最近大変人気を高めています。自宅に居ながら自然を感じられる家は心を癒してくれます。庭に建ち並ぶ青々とした木々は見ているだけで心が安らぎます。庭をいつまでも大切に心がけるにはこのようなガーデンルームがあるといいと思います。
リビングの前に庭が広がるのと、リビングの前にガーデンルームが広がり、その先に庭がひろがるのとでは庭の大切度も変わってきます。室内と庭を繋いでくれるバイパス的な存在になってくるガーデンルームは、家での楽しみ方の幅を広げてくれそうです。