間取りを考える

By もぐもぐ Posted in マイホーム / コメントは受け付けていません。

自由設計で家を建てる時、誰もが考え迷うのが間取りです。

例えば通りに面している側が東西南北のどこなのかで玄関の位置や家の向きが変わってきます。東側から朝の太陽が昇ることから、できたら東側に朝日を取り入れる窓があるといいですよね。

そうなるとリビングが東側に面してつくれるといいなとか、西日がきつい夏場の事を考えると西側にはリビングを設けずまた、あまり大きな窓も無い方が理想ではないでしょうか? 隣の家との生活環境を考えるのも大事なことです。駐車場の位置や、寝室など、できる限りの配慮をしたいものです。

建築士の方々はある程度の要望を取り入れ図面をおこしてくれます。しかしハウスメーカーさんになるとおおかた決まったプランからの選択となることが多いために最近では工務店や建築士の方に直接依頼するケースもよく聞きます。

小さな土地に家を建てたりする場合、システムキッチンのような既製品だとサイズが合わないという問題など発生してやむなく間取りの変更を強いられますが、全て大工さんによる手作りだとそのような環境でもかなりの確率で可能に出来ます。洗濯物を干す場所等も考えなければいけません。乾きやすい場所を確保することや、北側と東側では気温も大きく違いますから、食料を保管し、料理するキッチンなどを極力南側は避けたほうがよいことなど採光、気温、水周りのまとまりなど考えることは沢山ありますね。住みやすいということはこのような生活環境を整え、快適に暮らせることなので最初のステップである間取り作りはとても重要になると考えられます。

2階リビングについて

By もぐもぐ Posted in マイホーム / コメントは受け付けていません。

 以前は、家族が集まるリビングやダイニングは住まいの1階にあるものでしたが、近年、土地の広さなどの問題で2階にリビングを設けている住まいを見かけるようになりました。

品川区で戸建て(新築)を考えている友人は、工務店から2階がリビングルームのプランを提案されたそうです。決まった広さの土地の中に家を建てる訳ですから、狭い場合には採光の問題やプライバシーなど、隣接する家の影響を受けることになります。その場合に、2階リビングは採光も十分に取れて、道路などからの視線を気にする事もなく、プライバシーも確保できます。1階の部屋に比べ眺望もよくなります。冬などは採光により、暖かさも確保できそうです。また構造面では、2階がリビングとなると1階にプライベートスペースなどの個室が多くなるので、壁が多くなります。したがって家自体が安定するといったメリットが出てきます。

反対に、2階リビングのデメリットは、生活の中心が2階になるので、1階部分の防犯面に不安があったり、高齢になった際、階段の上り下りの問題がでてきたりします。デメリットの対策としては、ホームエレベーターや階段昇降機の設置も有効です。また、シャッターや面格子など、窓からの侵入を防ぐ工夫をすることで、防犯上の対策も取られ安心です。リビングは毎日の生活で多くの時間を過ごす、家族の大切なスペースですから、ライフプランと合わせて十分に検討しなければなりません。2階へリビングを設置する場合には必要な設備も合わせて考えなければいけませんね。

キッチンのない住まい

By もぐもぐ Posted in マイホーム / コメントは受け付けていません。

 住まいを建てる時に、どうしても省くことのできない部屋があります。キッチンとトイレとお風呂がそうです。しかし、時には、存在感を消したい場合があります。それがキッチンです。朝忙しくて、洗い物ができないままのシンクや料理を作ったままで片付かないレンジ台などを丸ごと隠したいと思うことがあります。

 ずっと前ですが、テレビドラマを見ていたら、お客様の希望を叶えるキッチンがありました。確かに、コンパクトなI型のシステムキッチンでしたが、料理を作り、配膳し終わると、キッチンの前に壁面収納のような扉をスライドさせて、閉めてしまいました。まるで、キッチンが壁面に収納されたようで、この住まいにはキッチンがないような感覚になります。扉1つですが、生活感が消えて、ダイニングが、レストランのような空間になります。今まで、ずっと、社宅に住んでいたので、居間とキッチンは仕切られることなく、ワンルームでした。急にお客さんが来た時や風邪を引いて、家事ができない時などは気になっていましたので、この扉のことが忘れられず、住まいを建てる時に、私に相談してくださいました。

東側の壁一面にI型のシステムキッチンを設置しましたが、そのキッチンの前、90㎝の所にレールをつけて、扉をつけることにしました。キッチンとの遮断が目的だったので、扉の材質は木にしました。まるで、新たな壁が出現したようで、その瞬間、キッチンが消えてしまったようです。

先日、ご友人が遊びに来られたとのことでしたが、この丸見えキッチン防止扉は好評でした。住まいは生活をする場所なのですが、時には、その生活臭を消して、ゆっくり過ごしたくなること、ございませんか?

家造りの住宅ローン返済

By もぐもぐ Posted in マイホーム / コメントは受け付けていません。

住宅を建てるときには住宅ローンを利用することが一般的です。
山形で住宅を建てた親戚も住宅ローンの借り入れについてセミナーなどで便yこうしたそうです。
住宅ローンの借り入れをするためには、団体信用生命保険に入らなければいけなかったり保証料というものが必要だったりします。
団体信用生命保険は住宅ローンの借り入れをするために加入しなければいけないことになっています。
住宅ローンを借り入れている人が万が一にでも死亡したり、高度機能障害になってしまった場合に住宅ローンを返済していくことが実質不可能になってしまいます。
住宅ローンを貸した金融機関としてもこうなったときにお金を返してもらえなくなるのはいやですから、そういったリスクを防ごうとします。
住宅ローンを借り入れしている方としても、自分が死ぬことで残された家族が住宅ローンを支払っていかなければいけないことになるのは不本意といえるでしょう。
ですので、団体信用生命保険に加入する必要があるのです。
保証料とは住宅ローンを借りるときには保証会社に保証をしてもらうために支払わなければいけないお金のことです。
保証会社に保証料を支払うことによって保証会社が実質連帯保証人になります。
保証会社は契約者が住宅ローンの返済をすることができなくなったときに、残りの住宅ローンのお金を借り入れしている金融機関に払ってくれます。
これで住宅ローンはなくなります。
しかし、住宅ローンはなくなっても保証会社に対して返済をしていかなければなりません。
借金がなくなるわけではないので注意してください。

これからの家造りについて

By もぐもぐ Posted in マイホーム / コメントは受け付けていません。

震災が起きてから既存の住宅に対してや新築で住宅を建てることに対して様々な憶測や噂があります。

特にこれから新築で住宅を建てようと考えている人や新築のための土地を探そうという人は「本当に新築で家を建ててもいいのだろうか?」と迷ってしまうのではないかと思います。
新潟に住んでいる従兄も震災前から新潟で新築の一戸建てを建てることを考えていたのですが、
震災後の現状を考えると迷ってしまうようです。

以前にも書いたことがありますが、今住宅を建てるための建材や住宅設備機器が不足している状態です。

便乗値上げと言っては言葉が悪いのかもしれませんが、建材などの現在庫やこれから生産されるものなども高騰することでしょう。

そうなると新築で一棟建てる金額は今まで以上に高くなっていきます。

新築で注文住宅などの戸建てを建てる時に借りる住宅ローンは大体の方が長期で借り入れを行うわけですが、新築を建てるために少々無理をしても借り入れができる最大限度額まで考えて家造りを考えることだと思います。

そういった方の場合ですとこれからの新築の建築費用は想定よりかなりオーバーしてしまうことになります。

つまり新築自体をあきらめるか大規模な住宅規模の縮小を考えなければいけないということになります。

直近の状況で言うと建材や住宅設備機器は生産効率の良い物が優先してつくられているそうです。

そうなると100%自分が理想とする仕様での家づくりもできないかもしれません。

実際に佐賀で住宅を建てようと考えている友人も新築を建てたいけれど足踏み状態になっています。

しかし現状では新築を建てることはネガティブ要素が多いのかもしれませんが、必ず安定した建材などの生産供給と適正な価格に戻る時期が来るはずです。

その時期までは家づくりに関して下手に動かない方がよいのかもしれません。

住宅業界への影響

By もぐもぐ Posted in マイホーム / コメントは受け付けていません。

東北地方・関東地方を襲った大地震から17日が経とうとしていますが、この間に住宅業界に関する震災の影響が見えてきました。
被災地では被災された方のために仮設住宅の建設が始まりましたが、この影響で全国の建材や住宅設備機器などの家づくりに関するものは集中しているようです。
また東北や関東地方に集中していた建材や資材、住宅設備機器の工場も被災して操業の停止を止む無くされている所もあれば、
被災はしていないものの計画停電のために継続して生産ができない工場などもあります。
また生産を続けられる工場にしてもこの様な緊急時のため手のかかる物より効率の良い建材や住宅設備機器の生産を優先せざるを得ない状況になっています。
しかし全国的に見れば深刻な建材不足に既になっていて大手企業、中小企業を問わず住宅会社や工務店には建材や住宅設備機器が入らない状態になっています。
インターネット上の建材やサッシ販売サイトなども続々と品切れ、入荷待ちの状態になっています。
昨年末に住宅エコポイントの駆け込み需要で断熱材が不足し、現場がストップした住宅業界でしたが、
ようやくその断熱材も入荷し始めた矢先だけに非常な大きなダメージになります。
各住宅会社や工務店では見込み客から契約を取れたとしても住宅を建てられない状況に陥っているわけです。
着工目前、また現在着工中の現場に関しても発注していた建材や住宅設備機器が入荷しない状況にもなっているので、
工期の延長、引き渡し時期の延期などのも考えなければいけませんし、契約時の仕様とは異なる建材や資材を使っての家づくりもやむを得ない所です。
工事の完了、引き渡しの予定が少しずれこみ、入居までに賃貸住宅を借りている方などは出費が増える形になってしまうこともあると思います。
当分の間、厳しい状況に置かれる住宅業界ですが、マイホームづくりを夢見る人達のためにも踏ん張りどころだと言えます。

土地探しと地震保険

By もぐもぐ Posted in マイホーム / コメントは受け付けていません。

3月11日に発生いたしました東北関東大震災において被災された方の安全を祈り、また亡くなられた方に対しお悔やみ申し上げます。
数日が経過して様々な情報や映像がテレビやインターネットを通じて私達の元へ届いていますが、自然の脅威を目の前にして人間の力というのは非力な物だということを痛感させられた気持ちです。
明治、昭和と何度となく津波の被害を受けてきてその対策のために高さ10メートルの巨大な大防波堤を築いていた岩手県の田老町でさえ今回の津波の前になす術もなく、
壊滅的な状況に追い込まれている映像を見て生活の安全性というものを考えられました。
新築で住宅を建てる際など土地の売買金額や敷地の広さ、また建物の建築金額などを考慮して土地探しをするわけですが
安全面や防災面に関してまでも踏み込んだ所で土地探しをみなさんがしているかということについては全ての方がイエスとは言えないのではないでしょうか。
また新築で家を建てた際に火災保険には加入しても地震保険にも加入する方の数は多くない現状も問題があるのではないでしょうか。
地震を原因とした火災や災害による住宅の被害に関しては火災保険では補償されないのでこの地震をきっかけに地震保険の加入を考える方も多くなるのではないでしょうか。
保険に入るから安全というわけではありませんが、万が一のためのこと考えての保険なのでしっかりと考える機会にしましょう。
耐震性を上げるために大分でリフォームを考えている知り合いも出てきています。
また今後新築のための土地を探す際には周囲の状況や地盤の強さなどをしっかりと不動産会社や住宅会社に調べてもらうようにしましょう。

マイホーム取得の選択肢

By もぐもぐ Posted in マイホーム / コメントは受け付けていません。

マイホームの取得を考えた場合、様々な選択肢があります。
新築で注文住宅を建てるたり、不動産物件の中から中古住宅や中古マンションを探して購入するなどの方法があります。今回は一戸建ての住宅を購入することを考えてみたいと思います。
一戸建て住宅と言っても自分で新たに建てる注文住宅と住宅メーカーや不動産会社が既に建ている企画住宅・建売住宅という二つの選択肢があります。
人それぞれの考え方や好きずきによる所が大きいですが住宅取得のための予算がある場合には新築で注文住宅を建てるのか、それとも注文住宅よりは低予算の企画住宅・建売住宅にするのかということで選択肢が変わってきます。
また注文住宅で新築を建てる場合には土地も探さなければいけません。
私の友人も大分の工務店で注文住宅を建てることを考えていますがなかなか大分の土地で理想に合う物件が出てかないというのが現状のようです。
話を戻しますが、注文住宅と企画住宅・建売住宅のどちらが良いのかということは一概に言うことはできませんが、注文住宅と企画住宅・建売住宅の双方にメリット・デメリットがあります。
企画住宅・建売住宅は間取り・デザインが既に決められており、買い主の意見を取り込むことはできません。
そのため住宅メーカーと打ち合わせを繰り返して間取りや材料の仕様などを決めて、プランを練り上げて建てる新築の注文住宅より安価で住宅を建てることや購入することができるわけです。
しかし住宅を建てるための建材に安価な材料を使用していたり付帯設備となる住宅設備のグレードが低いものを使用すること多いため、その辺りに不満が残ることもあります。

おすすめ:マイホームづくりの建材探しサイト

【建材ストア 楽天市場店】 http://www.rakuten.ne.jp/gold/kenzaistore/

依頼先の絞り込み

By もぐもぐ Posted in マイホーム / コメントは受け付けていません。

注文住宅や一戸建ての新築住宅を建てる際にどこの住宅会社や工務店に家造りを依頼するかということは非常に悩む所だと思います。
私の姉も東京の品川区で一戸建てを建てようとした時に住宅会社や工務店選びに長い時間をかけていたのお思いだします。
依頼先を考えるとき住宅会社や工務店のホームページを見たり、資料請求をしたり、住宅会社のモデルハウスを見ていき、いくつかの住宅会社や工務店に絞っていきましょう。
しかし依頼する住宅会社を1社を決めることは難しいことだと思います。
2~3社まで絞り込んでから更に絞り込む場合に家造りの同じ条件で各住宅会社に見積もりをしてみましょう。
家造りの条件を各社に同じように伝えて自分が望む家造りに一番近い住宅会社や納得できる家造りを提案してくれる住宅会社に家造りの依頼をすることだと思います。
各社に見積もりを出して依頼先を決める場合について考えてみましょう。
各社からの見積もりを比べて一番してはいけない事は見積もり金額で依頼先を決めてしまうことです。
確かに同じ条件で一番費用が安い見積もりを出す住宅会社に魅力を感じると思いますが、家造りにかかる費用が安いからと依頼先をを決めてしまうと後々困ることや不満の残る家造りになってしまう恐れがあります。
打ち合わせの段階での見積もりは詳しい仕様や住宅設備が決まっていないため、契約後に様々決めていくはずです。
また使われる建材なども考えると安く見積もりを出している場合は質の低下が懸念されます
家造りは仕様や使われる建材の質とで家の出来栄えが変わってしまいます。
大分に土地を持っている友人は試行錯誤しながら依頼先を探していました。
見積もりの金額が他社よりも高いと感じてもその金額を納得できるように説明してくれる住宅会社があれば安い会社よりも信頼と期待ができるのではないでしょうか。
家造りで依頼先を比べる必要があるのは間取りや建材とその品質ではないでしょうか。
自分達が望む家造りと費用などをトータルで考え、自分達が満足できる家造りができそうかということ考えて依頼先の住宅会社を選びましょう。

注文住宅と住宅会社・工務店

By もぐもぐ Posted in マイホーム, 不動産 / コメントは受け付けていません。

家造りをどの住宅メーカーや工務店に依頼するかみなさんが迷う所だと思います。
今回は新築で家を建てる際に注文住宅で家を建てることに関して考えたいと思います。
まず注文住宅とは新築希望者が住宅メーカーや工務店と間取りやデザインの打ち合わせを繰り返しながら

住宅建設で使われる建材や住宅設備を新築希望者の意見を取り入れながら新築住宅の図面を作成していきます。
注文住宅を依頼する場合には自分達の家造りの夢や要望を反映させるために新築希望者側も家造りに関して

ある程度学んでおかなければ理想とする注文住宅造りはできません。
今では新築や家造りに関する住宅雑誌やインターネットを使って知識や情報収集を行っている方も多く、
逆に対応する住宅メーカーや工務店も様々な意見や要望を言われるので大変だろうと思います。
大手の住宅メーカーに家造りを頼んだ場合には注文住宅と言いながらセミオーダー・規格住宅に近い家造りになってしまうケースもあります。
なぜかと言うと大手住宅メーカーの場合は安定した材料の均質化や工事間の短縮、コストの削減のため複雑な間取りや微細な変更などに対応できないことがあるのです。
大手住宅メーカーでなら必ず満足できる家造りができると言う訳ではありません。
せっかくの新築の家造りが思い通りにならない場合もあるので注意しておかなければいけません。
今は工務店も集客に力を入れているので判断しづらいとは思います。
家造りのための打ち合わせの段階で本当に自分が望む家造りができるかどうかをしっかりと見極めて住宅メーカーや工務店選びを行いましょう。