大手メーカーの裏話

By もぐもぐ Posted in マイホーム / コメントは受け付けていません。

家づくりを考える方で、友人や知り合いに建築業で働く方がいない場合は各住宅メーカーが集まっている住宅展示場に行く方が多いと思います。

しかしこうした住宅メーカーさんで家づくりを考えると家づくりに使われる木材をはじめとする材料の品質や家を建てる為の工法やノウハウもある程度一定の物が保たれますが、その代わりに膨大な金額になってしまいます。
そのためお客様の資金計画やご予算によっては住宅メーカー側から家づくりに関してお断りを受ける場合もあるようです。

地元の工務店などと大手ハウスメーカーの建てる住宅になぜ金額の差が出るかというと
お客様が建てるお家に展示場の維持費や展示場のパンフレットや粗品代、テレビやラジオの広告費というような金額がのせられているからです。
大手になればなるほどそのような経費が建てられるお家の価格に反映されているということなのです。

日本人はブランドに弱いと言いますが、大手にこだわらなければ地元の工務店に新築の建設を頼めば、金額も大手ハウスメーカーよりも抑えられ、
また場合によっては腕利きの大工の手によりしっかりとしたお家が建てられることも考えられます。

またアフターメンテナンスや緊急時の修理などでは地元というメリットがあると思います。
しかし地元の工務店では信用性が・・・と言われる方もいらっしゃいますが、
様々な広告にかかる経費を実際に家を建てる方の金額にのせてしまう大手住宅メーカーとどちらを信用できるのでしょうか?
考え方はお客様次第と言ってしまえばそこまでですが・・・。