これからの家造りについて

By もぐもぐ Posted in マイホーム / コメントは受け付けていません。

震災が起きてから既存の住宅に対してや新築で住宅を建てることに対して様々な憶測や噂があります。

特にこれから新築で住宅を建てようと考えている人や新築のための土地を探そうという人は「本当に新築で家を建ててもいいのだろうか?」と迷ってしまうのではないかと思います。
新潟に住んでいる従兄も震災前から新潟で新築の一戸建てを建てることを考えていたのですが、
震災後の現状を考えると迷ってしまうようです。

以前にも書いたことがありますが、今住宅を建てるための建材や住宅設備機器が不足している状態です。

便乗値上げと言っては言葉が悪いのかもしれませんが、建材などの現在庫やこれから生産されるものなども高騰することでしょう。

そうなると新築で一棟建てる金額は今まで以上に高くなっていきます。

新築で注文住宅などの戸建てを建てる時に借りる住宅ローンは大体の方が長期で借り入れを行うわけですが、新築を建てるために少々無理をしても借り入れができる最大限度額まで考えて家造りを考えることだと思います。

そういった方の場合ですとこれからの新築の建築費用は想定よりかなりオーバーしてしまうことになります。

つまり新築自体をあきらめるか大規模な住宅規模の縮小を考えなければいけないということになります。

直近の状況で言うと建材や住宅設備機器は生産効率の良い物が優先してつくられているそうです。

そうなると100%自分が理想とする仕様での家づくりもできないかもしれません。

実際に佐賀で住宅を建てようと考えている友人も新築を建てたいけれど足踏み状態になっています。

しかし現状では新築を建てることはネガティブ要素が多いのかもしれませんが、必ず安定した建材などの生産供給と適正な価格に戻る時期が来るはずです。

その時期までは家づくりに関して下手に動かない方がよいのかもしれません。