家造りの住宅ローン返済

By もぐもぐ Posted in マイホーム / コメントは受け付けていません。

住宅を建てるときには住宅ローンを利用することが一般的です。
山形で住宅を建てた親戚も住宅ローンの借り入れについてセミナーなどで便yこうしたそうです。
住宅ローンの借り入れをするためには、団体信用生命保険に入らなければいけなかったり保証料というものが必要だったりします。
団体信用生命保険は住宅ローンの借り入れをするために加入しなければいけないことになっています。
住宅ローンを借り入れている人が万が一にでも死亡したり、高度機能障害になってしまった場合に住宅ローンを返済していくことが実質不可能になってしまいます。
住宅ローンを貸した金融機関としてもこうなったときにお金を返してもらえなくなるのはいやですから、そういったリスクを防ごうとします。
住宅ローンを借り入れしている方としても、自分が死ぬことで残された家族が住宅ローンを支払っていかなければいけないことになるのは不本意といえるでしょう。
ですので、団体信用生命保険に加入する必要があるのです。
保証料とは住宅ローンを借りるときには保証会社に保証をしてもらうために支払わなければいけないお金のことです。
保証会社に保証料を支払うことによって保証会社が実質連帯保証人になります。
保証会社は契約者が住宅ローンの返済をすることができなくなったときに、残りの住宅ローンのお金を借り入れしている金融機関に払ってくれます。
これで住宅ローンはなくなります。
しかし、住宅ローンはなくなっても保証会社に対して返済をしていかなければなりません。
借金がなくなるわけではないので注意してください。