キッチンのない住まい

By もぐもぐ Posted in マイホーム / コメントは受け付けていません。

 住まいを建てる時に、どうしても省くことのできない部屋があります。キッチンとトイレとお風呂がそうです。しかし、時には、存在感を消したい場合があります。それがキッチンです。朝忙しくて、洗い物ができないままのシンクや料理を作ったままで片付かないレンジ台などを丸ごと隠したいと思うことがあります。

 ずっと前ですが、テレビドラマを見ていたら、お客様の希望を叶えるキッチンがありました。確かに、コンパクトなI型のシステムキッチンでしたが、料理を作り、配膳し終わると、キッチンの前に壁面収納のような扉をスライドさせて、閉めてしまいました。まるで、キッチンが壁面に収納されたようで、この住まいにはキッチンがないような感覚になります。扉1つですが、生活感が消えて、ダイニングが、レストランのような空間になります。今まで、ずっと、社宅に住んでいたので、居間とキッチンは仕切られることなく、ワンルームでした。急にお客さんが来た時や風邪を引いて、家事ができない時などは気になっていましたので、この扉のことが忘れられず、住まいを建てる時に、私に相談してくださいました。

東側の壁一面にI型のシステムキッチンを設置しましたが、そのキッチンの前、90㎝の所にレールをつけて、扉をつけることにしました。キッチンとの遮断が目的だったので、扉の材質は木にしました。まるで、新たな壁が出現したようで、その瞬間、キッチンが消えてしまったようです。

先日、ご友人が遊びに来られたとのことでしたが、この丸見えキッチン防止扉は好評でした。住まいは生活をする場所なのですが、時には、その生活臭を消して、ゆっくり過ごしたくなること、ございませんか?