2階リビングについて

By もぐもぐ Posted in マイホーム / コメントは受け付けていません。

 以前は、家族が集まるリビングやダイニングは住まいの1階にあるものでしたが、近年、土地の広さなどの問題で2階にリビングを設けている住まいを見かけるようになりました。

品川区で戸建て(新築)を考えている友人は、工務店から2階がリビングルームのプランを提案されたそうです。決まった広さの土地の中に家を建てる訳ですから、狭い場合には採光の問題やプライバシーなど、隣接する家の影響を受けることになります。その場合に、2階リビングは採光も十分に取れて、道路などからの視線を気にする事もなく、プライバシーも確保できます。1階の部屋に比べ眺望もよくなります。冬などは採光により、暖かさも確保できそうです。また構造面では、2階がリビングとなると1階にプライベートスペースなどの個室が多くなるので、壁が多くなります。したがって家自体が安定するといったメリットが出てきます。

反対に、2階リビングのデメリットは、生活の中心が2階になるので、1階部分の防犯面に不安があったり、高齢になった際、階段の上り下りの問題がでてきたりします。デメリットの対策としては、ホームエレベーターや階段昇降機の設置も有効です。また、シャッターや面格子など、窓からの侵入を防ぐ工夫をすることで、防犯上の対策も取られ安心です。リビングは毎日の生活で多くの時間を過ごす、家族の大切なスペースですから、ライフプランと合わせて十分に検討しなければなりません。2階へリビングを設置する場合には必要な設備も合わせて考えなければいけませんね。