横一直線のダイニング

By もぐもぐ Posted in 住宅 / コメントは受け付けていません。

ダイニングを設ける位置で一番多いのが、キッチンの前だと思います。
最近は対面式のフルオープンキッチンが一番人気のキッチンスタイルです。

我が家の新築住宅もこの人気のキッチンスタイルを取り入れたいと考えています。
ダイニングをキッチンの前にするのではなく、キッチンの真横に設けようと思っています。
このようにしようと考えたのは家事効率を高めたいからです。

キッチンと横一直線にダイニングを設けることで、キッチンの前にダイニングがあるよりもスムーズに配膳が行えます。
配膳への動線を短くすることで食事の準備も短時間で済みます。配膳をする際はキッチンとダイニングを幾度も行き来します。その手間を少しでも解消することで家事への負担も軽減されます。
また主婦は食事中でもキッチンへ行き作業をすることもあります。
その際もスムーズに行えるのでキッチンの横にダイニングを設けるとメリットが多いのです。

また家族にとってもキッチンの存在が身近に感じられると思います。
キッチンを身近な存在と感じることで積極的にお手伝いをするようになると思います。
配膳のお手伝いや食後のお皿下げなど自分から進んで行えるようになってもらいたいものです。

またキッチンの真横にダイニングにすることで、ダイニングテーブルを作業スペースとしても活用できるのです。お鍋やフライパンを一時置きする場としても便利です。
また親子一緒に料理をする時でもこのテーブルを活用して楽しみながら料理を行えるのです。間取りを考える時は暮らしをイメージしながら、どこになにがあると暮らしやすく快適になるかをしっかり考えて決めるといいのです。