健康で暮らせる家

By もぐもぐ Posted in 住宅 / コメントは受け付けていません。

最近ではハウスシック症候群で悩んでいる人も多いと聞きます。せっかく建てたマイホームがこのように健康を害してしまうような家では住み心地のいい家とは言えません。我が家も新築住宅を建てることになりました。我が家の家造りのテーマは家族が健康で笑顔で暮らせる家にするということです。
そこでまず取り入れたのが、地元の杉をふんだんに使った無垢材の床です。浮造りの床は足つぼ効果が得られるとも言われています。無垢材の床は木目の美しさを見て楽しむことができ、木、本来の温もりを感じられることから心が癒されます。また調湿効果にも優れているので、室内の水分を多いと水分を吸収し、逆に乾燥していると水分を放出してくれます。一年を通して室内を快適な空間に導いてくれるのです。

床は肌で直接触れる部分でもあるので、触感のいいものを選びたいものです。合板フローリングと比べ触感がいいのも無垢材の床の大きな魅力です。合板だと夏は裸足で歩くとベタッとした感触ですし、冬は冷たくて裸足であるくことはできません。しかし無垢材の床であると夏はサラッとした触り心地に、冬でも裸足で歩いてもヒヤっと冷たい感触がないので裸足で歩きたくなるほどなのです。

無垢材の床と併せて取り入れたのが、漆喰壁です。この漆喰壁においても高い調湿効果が期待できます。それだけでなく、人体に悪影響を与えると言われているホルムアルデヒドや嫌なにおいを吸着する効果もあるので、室内を快適な環境にしてくれ、そこで住む住民の健康を維持できそうです。

リビング収納

By もぐもぐ Posted in 住宅 / コメントは受け付けていません。

家族が長時間過ごすリビングは快適で居心地のいい空間にしたいものです。家族が集まる空間なだけに必然的に物も増えてしまいます。物がリビングの床やソファの上に散らかっていては快適な空間とはかけ離れてしまいます。リビングの快適性を高めるためにはリビングに物が散らからない環境を整える必要があるのです。

リビング収納を設けるといいのです。ここには着ていた上着を一時置きできる掛ける収納があったり、持ち歩いたカバンをしまっておけるスペースがあるといいと思います。子どもの幼稚園グッズやランドセルなどもここにしまっておくことで、リビングに物が散らかる心配が軽減します。これらだけを収納するのではなく日用品や掃除機などの掃除道具も収納しておけば、いざ必要になった時もサッと取り出せ便利さを感じることでしょう。

テレビを設置している両サイドから回遊型のリビング収納を設けてもいいと思います。回遊型にすることで家族みんなが使いやすい収納スペースとなります。朝の身支度でバタバタする時でも回遊型であれば動線がスムーズなので便利だと思います。出入り口には扉を設けることで日用品などをしまっておいても視界に入ることがないので生活感を感じさせません。

住宅への満足度を高めるには収納スペースを充実させることは鉄則です。収納スペースは少ないと居住スペースに物が散らかってしまいます。リビングという人が集まる空間の収納は意外と見落としがちになってしまいますが、リビング収納を設けて物が散らからないスッキリとしたリビングにしたいものです。