カップボード

By もぐもぐ Posted in 住宅 / コメントは受け付けていません。

食器やキッチン家電を収納するためにカップボードの存在は欠かせません。このカップボードがキッチンのデザインを左右すると言っても過言ではありません。そこで我が家はこのカップボードを空間にピッタリのサイズに造り付けてもらいました。天井近くにまで広がるカップボードは扉三枚分の広さがあります。収納力抜群なので、別のスペースにパントリーを設ける必要がなくなりました。

またここに収納したものをスライド式のすりガラスの扉で全て隠すことができるのです。キッチン家電や食材などが目に入ると一気にキッチンが生活感を感じさせる空間になってしまうのですが、これらを全て扉で隠せることで生活感を感じさせないスッキリとしたキッチンに仕上げることができるのです。

扉三枚のカップボードのまず一面は、パントリーとして食材やキッチンアイテムを収納しています。30キロのお米袋もスッポリ収まるのでキッチンスペースを有効的に使用できています。隣の一面は食器類です。普段使いするものからお客様用まで並べており、お弁当箱やタッパなどまでここに収納しているので、必要な物をサッと取り出しやすく、お皿選びもしやすいのです。ゆったりなおしてもまだ余裕があるので、お気に入りのお皿を買い足してもしっかりと収納できます。そして最後の一面にはキッチン家電とゴミ箱を収納しています。電子レンジや炊飯器など普段使いする家電は中段部分に、ホットプレートやたこ焼き器、フードプロセッサーやミキサーなど使用頻度の低いキッチン家電もここに収納しています。下部にはゴミ箱を収めています。

キッチンを振り返れば必要な物が一か所で管理されているので家事効率は高まりますし、扉で隠せることでスッキリとしたキッチンに仕上げられます。このカップボードのおかげでキッチンの居心地がよくなりました。