壁厚を利用しよう

By もぐもぐ Posted in 住宅 / コメントは受け付けていません。

壁の厚みを利用して、飾り棚を設けたり、収納スペースを確保するニッチが最近住宅に多く取り入れられています。ニッチの最大の魅力は、壁の厚みを利用するため空間に全く圧迫感を与えないことではないでしょうか。そのため広さに限りのあるスペースでも十分設けることができるのです。

例えば、廊下や階段など何もないと殺風景な印象になってしまいますが、壁の厚みを利用して飾り棚のニッチでも設け、雑貨を飾れば華やかさがプラスされます。壁に飾り棚を取り付けると歩く時に肩に当たり邪魔に感じたり、通行の妨げにさえ感じられることもあるかもしれません。ニッチであればそのような心配なく空間をパッと明るくオシャレにしてくれるのです。またトイレなど広さに限りのある空間でもトイレットペーパーやサニタリー用品など収納しておきたいものは意外と多いです。これらを収納するのにニッチを取り入れれば、空間に圧迫感を与えることなく、必要な物が取り揃えられるのです。

ニッチは、柱や筋交の影響で設ける場所やサイズが限られることもあるのですが、壁の厚みを無駄にせず有効的に活用させることで住宅の印象も大きく変わってくるのです。我が家にもニッチを設けました。一番気に入っているのが、LDKのアクセントとなるリモコンニッチ兼飾り棚です。リビングには設置する物が多いです。照明スイッチや給湯スイッチ、インターホンモニターに太陽光モニターなどこれらをニッチ内に収めることでごちゃごちゃした印象を払拭できます。その上部と下部には飾り棚のニッチがあるためインテリア性も高められているのです。壁厚を利用して機能的でオシャレな空間造りをしましょう。