安全な浴室へ

By もぐもぐ Posted in 住宅 / コメントは受け付けていません。

浴室は一日の身体の汚れを落とす場所でもありますし、疲れを癒し、リラックスする場所でもあります。しかし、浴室では滑って転んだり、浴槽で溺れるなどの事故が多い場所でもあるのです。家庭の中でも最も危険な場所の一つでもあるだけにしっかりと安全面を確保しておきたいものです。

まずは、脱衣所から浴室へ入る部分の段差を少なくしましょう。以前は段差をつけることで、浴室の水が脱衣所に入ることを防いでいました。ドアの下に取り付けられたゴムストッパーで、浴室からの水の浸出を防ぐ技術が開発され、結果段差でつまずいて転倒するような心配がなくなったのです。段差がないことで車イスでもスムーズに出入りができます。

そして、床は表面の凹凸を細かくすることで、濡れていても足が床面をぴたっととらえ、滑りにくい形状になっています。万が一転んだとしても衝撃を吸収してくれるクッション性を持たせたものや、膝を直接ついても痛くない柔らかい感触の床になっているのです。滑りにくく、衝撃を吸収してくれる床で安全性もアップします。

浴槽は、以前は浴槽に高さがある和式のものが多く、床に置くタイプであったため、入浴する時に足を高く上げてまたがなければなりませんでした。小さい子どもから足腰の弱った高齢者にはとても入りづらいものでした。しかし、最近は半埋め込み式が主流になり、また浴槽の高さも浅くなったことで、浴槽のへりのまたぎ部分の高さが低くなり、浴槽への出入りがスムーズになっています。浴槽内では、浴槽の出入りでまたいだり、立ったり、座ったり動作が多いだけにつかまりやすい位置にしっかりと手すりを設けて安全性をしっかり確保しておきましょう。