キッチン

By もぐもぐ Posted in 住宅 /

最近では、間仕切りなどで閉じられたキッチンではなく、リビングと一体化したオープンキッチンが人気となっています。オープンなキッチンにすることで空間の繋がりを大事にでき、キッチンで家事をしながらリビングやダイニングで過ごす家族と顔を合わせてコミュケーションが取りやすくなります。

また、キッチンに人が集まってきやすく、誰でも作業が手伝いやすいのです。また、小さい子どものいる家庭では、キッチンで家事をしながらリビングで遊ぶ子どもの様子まで把握できるため家事と育児の両立もしやすいのです。オープンキッチンといっても形は様々です。I型と呼ばれるタイプのキッチンをリビングに向かって配置する対面型タイプや島のようにキッチンを配置するアイランド型など色々な形があります。

今まではリビングに背中を向けていた壁付けキッチンとは異なり、家族と向き合う形になることで、家族とのコミュニケーションを増やすことに繋がるのです。このようなメリットがある一方で、調理するときの臭いや煙、食器を洗う時の水音がうるさいなどたくさんの問題もありました。

しかし、最近ではこれらの問題を解決したキッチンが出てきています。中でも一つ気を付けたいのが、お鍋や食器が乱雑に置かれている状態がリビングやダイニングから丸見えになってしまうことです。片付けが苦手な人には向いていませんし、特に来客時には見た目にいいものではありません。腰壁を設けて気になる手元部分を隠せるようにするか、こまめに片付けをするなどして対策をとっておきましょう。家事のしやすいキッチンはマイホームの住み心地の良さを高めてくれるのです。

Comments are closed.